Loading…

アマゾンライダーここにあり

Posted by TDU模型部 on 13.2017 GTO   0 comments   0 trackback

どうも久々の更新担当のGTOです。
前回の自分が担当の更新がかなり昔のことのように思えますが、そんなことは置いといて本題のほうへ行きましょう(=゚ω゚)ノ

前回MG仮面ライダー新1号を製作し(画像ファイル容量が大きすぎて掲載出来ませんでした)、見事におじ様たちのハートを掴むことが出来たわけなんですが、今回(本製作のものとは違うのですが)自宅でチマチマと製作しているものがこちら。

t01.jpg

はい、皆様ご存知仮面ライダーアマゾンです。

日ごろから「あれがキット化しないかなぁ…あれはどうやったら作れるかなぁ…」と妄想している自分ではありますが、ある日ひょんなことからMG仮面ライダー旧1号を安く手に入れることができ、新1号を作った後普通に作るのは面白くない…じゃあどうするか…
好きな仮面ライダーに改造するしかないじゃない
そういうアホな思い付きから旧1号アマゾン化計画が進行し始めました。
…細かいことはいいんだよ。プラモは自由なんだから。

んで、MG昭和ライダーが新1号と旧1号(あとプレバンで新2号と桜島1号)しか発売されていない現状、流用不可能な部分…特に頭部は安定と信頼のフルスクラッチとなります。

主な製作工程は現段階では頭部までしか進んでいませんが、大雑把に説明すると、
これが…
DSC_0385_20170612231316941.jpg

これになります。
DSC_0586.jpg


何が起こったか少し説明しますと、まずおゆまるで旧1号の頭部を簡単複製した後、下の画像のような切った貼ったの作業を繰り返し、アマゾンの頭部へと近づけていきました。
DSC_0387_20170612231320523.jpgDSC_0389.jpg
DSC_0396.jpgDSC_0399.jpg

上でも書いている通り現段階で頭部のみの製作ですが、この頭部と並行して胴体等もチマチマと着手していくつもりです。

あと周りの人たちに「WFにだせるんじゃない?」とありがたい言葉を頂いたのですが、僕は知ってるんです…バンダイの特撮関係の版権申請は劇中とほとんど遜色無いものを提出しないと通らないという難攻不落の関門であることを…なのでWFには出さないと思います。
…でも出せるなら出したいなぁ…需要あるのかどうかは知らないけど。

さぁ完成までこぎつけているものが少ない自分がこれを完成させることは出来るのだろうか…乞うご期待(前回も同じこといったような…)



追記
現在細かい部分の整形と、あと顎の形状が設定と違うというか形状が気に食わなかったため作り直しております。
DSC_0588.jpg

言ってみな、おま

Posted by TDU模型部 on 09.2017 SVGK   0 comments   0 trackback

メルカバ1とメルカバ2を作ってだんだんわかってきたところでついにメルカバ3に挑戦しました。
今回挑戦するのはメルカバMk3 BAZ  1/35 mong modelのキットです


今回は参考になる写真があるため比較的早くベースに取り掛かり
先にベースの大まかな形は出来ました
DAu4NkIVwAADxlz.jpg


水溜まりをシリコンで作ってみたのが新しい挑戦です

メルカバ3もとりあえず塗り終わり

DAu1osEUIAE0MTt.jpg




さっそく上にのせてみました
DAu4MQ7VoAAjntF.jpg


なんとマインローラーの分を考慮しておらずのせられなくなるという状態
しかもなんかイメージと違う(ココ重要)

なんという…なんということでしょう
マインローラは塗り終わっているのに…

と、いうことで
このベースはボツ

その
ため新しく
スチレンボードを切り出して砂
地のベースを作りました
兵士も塗ってうえにのせ

(今回は残念ながらマインローラはなかったことにします)

こんな感じに
DAu1H-RVYAEykI7.jpg

ん?なんかベースが寂しいな

ということでメルカバ2と同じで石膏を砕きばらまいてみます 展示が近くなったらね。
余ったベースはDAu1thDVYAEH0hJ.jpg
新たな挑戦へと 

次は第三次ダンボーコンペの作品紹介です


DB0GHL6UMAADUJH.jpg

始まりはこんなんじゃなかったと思っていました。想像力不足です。そもそもダンボーを今回も電飾するつもりで顔の中をゴミニッパーで加工しようと思ってやってみたら、プラが弱くてダンボーの口が裂けた事。白フタを流した後に気づく手足の逆という散々な結果でパワードアーマー的なダンボーを作る気力は消えてしまいました。
結果 以前作成した 肉塊風の何かとくっつけてやれるところまでやってみようと  、そういうことです
これはすべて(トップコート以外)筆塗りをしています
まず下地にエナメルで肌色より少し濃くオレンジかかった色を塗り、渇いたら
先ほどよりも濃い色を奥まったところに塗ります、乾いたらエナメルクリアレッド無希釈と少量の黒を混ぜてさらに奥まったところやドライブラシで突起の部分につけていきます。
それであの気持ち悪い部分は塗れると思います。
完成品はこちら


DB0GEE5UwAAIzBT.jpg

やりたいことはできました。満足です。

どちゃくそ眠いので最後

これは金だけかけた一発ネタ
普通に塗ったほうがよかった…?
DB0HOwcVYAAaklZ.jpg


ていうかこの記事4月に下書き書いてたのだ
時間が過ぎるの早すぎるし全然完成品作れてないのヤバめなのだ
  

プロフィール

TDU模型部

Author:TDU模型部

テンプレート更新中ですので、しばらくお待ち下さい。


TDU模型部のブログへようこそ。
このブログは東京電機大学理工学部にある模型部員の活動記録?です。
WF等イベントに積極的に参加しているので、見かけたら気兼ねなくお声掛けください。

更新履歴



総記事数:

検索フォーム

QRコード

QR