Loading…

今更だけど学園祭の話

Posted by TDU模型部 on 26.2011 saki   0 comments   0 trackback
どーも、sakiです。
去る11月4日、5日、6日はウチの大学の学園祭でした。
多数のご来場を頂き、誠にありがとうございました。
また、帝京大学創作サークルEOS様を始め、作品を持ち込んで頂いた方にはこの場を借りてお礼申し上げます。
鳩山祭実行委員会並びに関係者の方々もお疲れ様でした。


さて、学園祭の話と言っても既にpoketto氏、はしら氏、ヘッチー氏が大体書いているので、それ以外のことを書こうかなと思います。
まずは来場者数と作品数。
今年の来場者は4日に84名、5日が166名、6日は187名の計437名。
ここ3年間で最多じゃないかと思うのですがどうでしょうか。去年は2日目に台風の襲来という不幸があったので一概には比べられませんが。重ね重ねご来場ありがとうございました。
作品数は79でした。
これは去年より大幅減ですね・・・
それでも事前の予想よりは多くの作品が出て、良かったと思います。
次はアンケート結果を元に出した順位の発表でもしましょうか。
写真は撮ってないものもあるのであしからず・・・
1位:ノーベル戦士達(製作者:もるもっと)
2位:ミキシング・ジオ(製作者:もるもっと)
th_DSCN1536.jpg   
同率2位:ケンプファー(製作者:あおき)

th_P1010004.jpg
4位:ボトルキャッププチラマ(製作者:saki)
5位:デルタライザー(製作者:right)

th_DSCN1576.jpg
6位:クシャトリア(製作者:虎黒)

th_DSCN1548.jpg
7位:オメガモン(製作者:トンプソン)

th_DSCN1518.jpg
8位:ガンダムエピオン(製作者:グーン)
   ハロストラップ(製作者:)
10位:ジムラマ(製作者:echo!)
いい感じに色んなジャンルに得票がばらけた昨年と打って変わってガンダム無双・・・・

アンケートでも好意的な感想を残して下さる方が多かったです。
しかし意見も勿論あり、いくつか紹介すると「通路が狭い」、「展示場所が低いので腰が痛くなる」、「展示の仕方に工夫を(照明等)」等々、今後の展示会においては要検討となるものがありました。
今後は部会なので部内から出た反省点も含めてよりよい展示会運営を目指していこうと思います。


毎年恒例、配布キットは好評だった昨年同様フェイクスイーツとなりました。
th_DSCN1495.jpg
樹脂粘土とシリコンで部員が作ったフェイクスイーツのマカロンとアイスをご来場頂いた方々にお配りさせていただきました。
今年も好評の声を多く頂きました。

また、今年は鳩山祭実行委員会の主催するフリーマーケットにも出てみました。
th_DSCN1496.jpg
各々積み山の中からもう作らないだろう、というものを持ち寄りました。写真は3日目のもので、1日目はもっと品がありました。しかしモデラーだとそのキットの価値が変に分かってしまうのでどうしても付ける値段が高めになってダメですね^^;


最後に部員の皆さんへ。

鳩祭まであと13日!

Posted by TDU模型部 on 22.2011 saki   2 comments   0 trackback
どーも、sakiです。
我が校の学園祭である鳩山祭も、もう間近です。
TDU模型部は今年も作品展示を行うので皆さん見に来て下さいね。

さて、鳩祭に間に合うか分かりませんけど今作っているものを晒してみましょう。
th_DSCN1431.jpg
前回の私が書いた記事で取り上げた4号駆逐戦車の現状です。
私はAFVを作る場合、車両単体で終わることはなく、大体ベースを作ってジオラマ仕立てにします。
何故かと言えばその方が見栄えがいいような気がするし、車両単体で見せられるほどの完成度には作ることが出来ないと考えているからです。まあジオラマ作るのはちょっと手間ですけどそれはそれで楽しい手間なので良いのです。
今回は草むらにある廃屋の陰に隠れて待ち伏せ中、という感じで作ろうと思ってます。
ちょっと戦車に比べて廃屋が大き過ぎる気がしないでもありませんが・・・・1/35だったらちょうど良かったかも。
草は100均で買ってきた荷造り用の麻ひもを適当にバラして植えました。現状では草がだいぶ荒ぶっているので今後剪定します・・・


その他にも作っている物がありましてですね・・・・


夏の終わりに

Posted by TDU模型部 on 04.2011 saki   0 comments   0 trackback
どーも、sakiです。
9月に入り、後一週間余りで授業開始という今日、如何お過ごしでしょうか。

さて、私の夏休みですが、正直に白状すると模型をほとんど弄っておりません。
・・・・それだと記事にならないので唯一弄ってたものをば。
th_DSCN1280.jpg
ハセガワの1/72 sdkfz162 Ⅳ号駆逐戦車です。
この車両はツェメリットコーティングという特殊コーティングを装甲に施しており、キットにはそれを再現するためのチェコ、エデュアルド社製のエッチングパーツが入っていたので瞬間接着剤でペタペタと。

それにしてもこの戦車は転輪が多いですね。芋虫みたいでキモイとか思っちゃったり。
そしてコレだけの数の転輪を作るのは面倒くさがりの私には軽いイジメでした。



・その他
地元の花火大会に行ってきました。
th_DSCN1203.jpg

th_DSCN1230.jpg

後は靖国神社の遊就館とか
th_DSCN1248.jpg

th_DSCN1266.jpg


そうそう、学園祭まであと二ヶ月くらいだそうなので皆頑張って下さいね。





ではでは・・・


関模連展示会終わって

Posted by TDU模型部 on 09.2011 saki   0 comments   0 trackback
どーもこんばんは、sakiです。

↓ではしら氏も書いてらっしゃるように去る7月3日に電気通信大学調布キャンパスにて関東学生模型連合第14回展示会がありました。
ウチは昨年に加入して展示会への参加は今年が初でした。
加入に当たり、部員の意見をほぼ一切聞かないという少々どころじゃなくアレなもんだったので今回は不安で不安でならなかったというのが私の本音でした。
それでも初代渉外担当はしら氏の尽力や、部員の皆さんも頑張った結果、結構な作品数が出せてさらには賞まで貰って初参加にしては上出来だったのではないかと思います。
来年以降も継続して頑張っていきたいものです。

他人の作品を見るというのは新たな刺激を与えられると共に自分の作品を見つめ直す良い機会になると思います。
しかし、見つめ直すと言ってもここがだめだ、あそこがだめだ等マイナス方向に考えるのではなく、次はこうしてみよう等プラス方向に考えてみましょう。

さて、全体の写真は取り忘れるわ諸氏の作品の写真はちょっとした事情で手元にないとかなんとかなんで、僅かに撮った自分の作品でも載っけておこうかと思います。(どちらにせよ人様の作品の写真は掲載許可取ってないし)
th_DSCN0805.jpg th_DSCN0807.jpg
1/72の雷電と零戦。実は零戦は完成直前にパーツを二つほど紛失して、微妙に未完成。

th_DSCN0808.jpg th_DSCN0809.jpg
1/144ウィングズとボトルキャッププチラマ。

th_DSCN0810.jpg th_DSCN0811.jpg th_DSCN0814.jpg
1/48ジオラマ各種。右のは有り難いことにスケール部門で銅賞を頂きました。





次の部としてのイベントは8月後半の合宿か・・・・と思ったんですけどその前にWFですよ!(その前に前期お疲れ様会ありますね)
WFまで後15日ですよ!原型製作者諸君、順調ですか!?
え?私?・・・・ええ、まあ・・・・ぼちぼちやってますよ・・・・
 



ではでは・・・・

ハリケーンの塗装

Posted by TDU模型部 on 24.2011 saki   0 comments   0 trackback
こんにちは、sakiです。

大体一ヶ月振りくらいの登場です。
でもあんまり模型製作は進んでいません^^;
WFヤバいぞ!


まあそんな感じで製作が進んだ数少ないものの一つ、ハリケーンさんのお話。
物はSWEETの1/144 ハリケーンです。個人的に大プッシュのSWEET。ハリケーンはSWEET初期のキットですが、その頃から素晴らしいモールドと嵌め合わせは健在です。
th_DSCF2596.jpg
下面にはタミヤアクリルのスカイを筆塗りします。2機入りなので一気に塗ります。因みにこのキットは経費削減のために一機分はクリア成形されていますので、本塗装の前に透け防止を行いましょう。私はシルバーを塗って対策をしました。

th_DSCF2848.jpg
続いて上面を塗ります。上面はダークアースとダークグリーンの迷彩になっています。エアブラシ等で塗る場合はここでフリーハンドでない場合マスキングとかいう面倒で面倒で仕方が無い作業が発生しますが、筆で塗る場合はマスキング無しで塗れます。手軽ですね。
使った塗料は水性ホビーカラーです。

th_DSCF2850.jpg
ダークグリーンも塗ります。筆塗りの場合やっぱり筆ムラが出てしまいますが、そこはむしろ「味」だと思って回避します。

th_DSCF2861.jpg
塗装の境目をボカして(あまり分からないけどね・・・)デカールを貼ります。そうそう、マークソフターは水性の塗装面を侵すそうです。ええ、やられました。皆さん気をつけましょう。

このハリケーンさんは頑張って関模連に間に合わせます。



P.S.
6/15~18の日程ででんぼら隊の一員として岩手県陸前高田市へボランティアへ行ってきました。
th_DSCN0491.jpg
震災から3ヶ月経ちましたが、被災地は3ヶ月経った今も多くの瓦礫が撤去されずに放置されているという状況です。世間の関心は原発問題にシフトしている様に思えますが、他の被災地の状況にも是非関心を持ち続けて下さい。それが被災地の復興にも繋がると思います。
詳しくは私のブログにも載せてあります。




ではでは・・・・

WFに向けて

Posted by TDU模型部 on 25.2011 saki   0 comments   0 trackback
ちわっす。sakiです。

我が部が夏のWFに出るよ、ってのは度々書いてますが、イマイチ原型製作の進捗状況が見えませんね・・・
というかもう5月も終わりなのに誰も原型完成していませんね。・・・マズいですね^^;

さて、自分が作ってる原型の現状をご紹介。
th_DSCF2775.jpg
去年も出したロシア空軍ミサイルセットをリニューアルして再登場させます。

th_DSCF2777.jpg
こちらはミサイルセットに同梱するパイロン。(パイロン・・・翼や胴体にミサイルを装着するためのもの)
もう少しモールドとか入れます。

th_DSCF2776.jpg
これはフェアリー・ソードフィッシュ水上機型改造キットの原型です。
フロートは中々形が上手く出なくて難航・・・
th_DSCF2330.jpg
最終的にはこんな感じになる予定です。

ちなみにスケールはどれも1/144です。


というわけでWF出展予定の部員、原型製作頑張ってね!




ではでは・・・

零戦でもつくりませう その2

Posted by TDU模型部 on 12.2011 saki   0 comments   0 trackback
こんばんは。sakiです。
最近雨が続いていますね。梅雨でしょうか?

日付変わっちゃいましたけど、5/11に行った製作会は思いっきり不発に終わりました。
まあ授業があるとかはちょくちょく聞いていたのでそんな日に設定したのもいけないんですが・・・・
次回は5/13日に行う予定です。みんな参加してくれると嬉しいな!
私はバイトだけどね・・・・


さて、零戦さんは今回から塗装です。
筆塗りでいこうかなと思ってます。
ということで塗っていきましょうか。
zeek5
最初は銀塗装。この工程はエアブラシで行いました。
何故銀を塗るかというと、サーフェイサーを兼ねているのと大戦末期の日本軍機に見られる「塗装剥げ」というのを再現するためです。この上から機体色を塗り、それを剥がすことによって銀の下地を露出させるわけです。
では機体色を塗っていきます。
zeek6
まずは下面から。
数倍に希釈した塗料を筆で塗っていきます。一回塗ったら乾燥させてまた塗る、の繰り返し。焦って生乾きの上に塗ると塗装が剥がれるので根気よくやりましょう。
因みに今回使った塗料は下地の銀にグンゼの8番、下面にはガイアカラーの213番を使っています。どちらもラッカー系なので、今回のように薄く希釈した塗料を塗っていくやり方だと下地の銀が溶けてくる、という事態が発生します。これを俗に「下地が泣く」と言います。今回は完全に失敗。まあでも気にせず行きます。最終的に何とかなれば良いのです。
zeek7
塗り塗り・・・・
zeek8
10回くらい塗ってこんな感じになりました。若干ムラが残ってますが、下面なので良しとします。左にある雷電も筆で塗装してます。
zeek9
上面も同じように薄く希釈した塗料を重ね塗り。使ったのはガイアカラーの214番です。


今回はここまで。



ではでは・・・・
執筆者:saki

零戦でも作りませう

Posted by TDU模型部 on 08.2011 saki   0 comments   0 trackback
こんばんは。sakiです。

今日は秋葉原で買い出しです。参加は自由ですが、出来る限り多くの人に参加して欲しいです。
特に一年生はまだ部内で横のつながりも縦のつながりもあまり無いと思うので、この機会に是非色んな人に声を掛けてみては如何でしょうか。
それと、欲を言えばもっと部室に顔を出してくれると嬉しいな!


さて、本題。
大日本絵画のモデルグラフィックス誌2月、3月号に付録として付いて来たファインモールド社製の1/72 零戦52型の製作記。なのかな?
そういえばウチの部は飛行機っていうとジェットが主流ですね。私はむしろプロペラの方が好きなんですけど。
zeek1
まずはコクピットから作っていきます。シートベルトは別売りのエッチングパーツがありますが、お高いのでそこら辺にあった紙を適当に切って再現します。
zeek3
シートやメーターパネル等を床板に組み付けた状態。
zeek2
それを機体にとりつけます。
うん、細かく出来てるコクピットってもの凄い嬉しいんだけどもの凄い疲れるの。私のような面倒臭がりにはメーターパネルと操縦桿と座席と側壁にちょっとモールドがあればそれで良いの。
因みににメーターパネル以外ほぼ全て青竹色で塗ってますが、多分実機は違うので良い子は真似しないでね。好きなのよ、青竹色。

次はちょっとしたデティールアップとして翼端灯のクリア化なんぞをやってみましょう。
zeek4
まずは翼端にある翼端灯の部分を綺麗に切り取って、適当なサイズに切り出した透明ランナーを瞬間接着剤でくっ付けます。
th_DSCF2585.jpg
で、それを始めは金属ヤスリでガリガリと。ナイフやニッパを使うと力が掛かり過ぎてポロッと外れてしまうのでヤスリで削りましょう。くれぐれも機体の方は削らないように。
大まかに形が出たら紙ヤスリで周囲と形を合わせます。
1000番ぐらいまでヤスリ掛けたら、最後にコンパウンドで磨いて終了。
比較的手軽な割に効果的・・・・かと思いきや正直クリア化してもしなくてもあまり変わりません。もっと大型の機体や、スケールが大きな物であればそりゃ効果が期待出来ますが、1/72ではほとんど目立たないので、自己満足だと思って下さい。


今回はここまで。
実はリアルタイムで作っているんじゃなくて、この作業は2月にやってました。
そして、まだ完成していません・・・・




ではでは・・・

sakiの模型屋探訪

Posted by TDU模型部 on 01.2011 saki   0 comments   0 trackback
こんばんは。sakiです。

世間は大型連休ですが、我が電大理工学部生にはそんなもんありません。
まあ五月病とかに掛かりにくくていいんじゃないかな・・・


さて、先週の日曜に行って来た模型屋の紹介をば。
行って来たのは知る人ぞ知るMa.k模型専門店「Nutz」です。
Nutz
場所は御茶ノ水駅と水道橋駅の中間地点くらいです。雑居ビルの4階にあり、1階にクレオールという喫茶店があります。
しかし、正直初めてだと分かりにくいのでとなりにある明治大学さんの猿楽町校舎を目印にすると良いと思います。
因みにちょっと前に店舗を移転して現在の場所になり、その前は水道橋駅の近くにありました。
で、一ヶ月程前に行った時、店舗が移転した事を知らなかった私は何の躊躇いもなく旧店舗に行ってしまい、その後散々道に迷うハメになりました・・・事前調査はしっかりとしましょう。
営業時間は13:00~20:00です。

こじんまりとした店内は商品が並んでいる部分と製作スペースで別れており、製作スペースの後ろには店長さんや常連さんが製作したマシーネンが陳列してあります。
Nutz2
これだけのマシーネンが揃うのは圧巻です。
マシーネンって何よ?って方はコチラをどうぞ。
製作スペースは3時間500円で使う事が出来ます。お店で買った模型をその場で作る事ももちろん可能。道具がどの程度揃っているかは未チェックですが、基本的な物はあるんじゃないかと思います。
先日行った時はフリーゲと製作道具を持ち込んで製作スペースで作っていたのですが、私の他にいらっしゃったのがホモコン(ホビージャパン、モデルグラフィックス合同マシーネンコンテスト)の入賞者二名という凄い方々でした。しかも酒入ってる。平日は17時より、休日は終日飲酒可だそうです。こんな模型屋全国探してもないでしょうw
このお店の品揃えに関してはお世辞にも充実しているとは言えませんが、気さくな店長さん等と模型談義をしながら模型製作出来るというのはそれを補って余りあると思います。
キット以外でもランナー単位やパーツ単位でも販売もしていますので、製作しながら「ここの情報量を増やしたいけどどうしようか」みたいな時に便利です。

そんな感じで普通の模型屋とはちょっと違って面白いので皆さん是非足を運ばれていはいかがでしょうか。


オマケ。
otyanomizu
夜の御茶ノ水駅。
こういう写真ももっと上手く撮れるようになりたいです。



ではでは・・・・
執筆者:saki
  

プロフィール

TDU模型部

Author:TDU模型部

テンプレート更新中ですので、しばらくお待ち下さい。


TDU模型部のブログへようこそ。
このブログは東京電機大学理工学部にある模型部員の活動記録?です。
WF等イベントに積極的に参加しているので、見かけたら気兼ねなくお声掛けください。

更新履歴



総記事数:

検索フォーム

QRコード

QR