Loading…

買い出しに行って来ました。

Posted by TDU模型部 on 01.2017 犬.   0 comments   0 trackback
どうも犬.です。
先日、部の買い出しで秋葉原へ行って来ましたので、今回はそのことについて書きます。


2~3ヶ月に1回ぐらいのペースで行っている部全体での買い出しですが、今回は鳩山祭前の最後の買い出しということもあり、割と人数の多い(?)買い出しとなりました。
U149なんかデカデカとあったのでつい撮ってしまったけど、晴がいない…
とりあえず私もコンペ(?)用キットに使う部品が不足していたので参加したわけですが…………






















GNアームズ

買ってしまった…GNアームズType-D……。
だって状態が良くて新品なのに、相場より安かったんだもの………
今回はキットを買う気は無かったのになぁ~…(←実際はLEGEND BB フルアーマー騎士ガンダムを見つけた時に意志が揺らいでた)

コンペ用キットもあるので完成はいつになるかわかりませんがちゃんと作ります…。出来れば諸事情から今年度中に。出来れば←



ちょっと話題に出しましたが、今回の鳩山祭展示では通常展示やジオラマの他に"桃園の誓い"という題でサイズが大きめの機体を集めたコンペを行う予定です。参加者各員、気合をいれて製作しておりますので見に来てもらえれば幸いです。
(名前については、初期段階での参加人数が3人だったとか、元々は罪キット消化を誓ってのコンぺだった、からだとかなんとか。)
>>SD三国伝キットのコンペとかではないです<<


今回はこのへんで終わりです。
あ。ブログにあげずにちまちま作ってたフェイ・イェンBHが先日完成したので、後日完成記事を更新するかもしれません。
DKjU7cPVoAACXWr.jpg←部のTwitterに投稿されたもの。

(ガンダムDX魔王?"サテライトキャノン4つ"が公式と被ってしまったので更に増やすことにしました。まだ完成しません。)

真打登場。(HGクロスボーン魔王)

Posted by TDU模型部 on 20.2017 犬.   0 comments   0 trackback
どうも犬.です。
最近、レポート課題が始まり、あまりプラモをいじれてないです。(暇な時はゲームしてるのが原因な気が…気のせいかー!!)


てんやわんやの内に展示会も終わり、今年も多くの方が入部してくれました。
これからどんなものを作っていってくれるのか楽しみです。




あ。すこし前置きが長くなりましたが、今回はHGクロスボーン魔王の製作記事になります。

実は去年の3月で完成していて、展示はできる状態だったんです。(自分でも満足はしてましたし。)
ただ、悪い考えが頭の中をよぎりまして。「これ、フルクロスにしたら面白いんじゃないか」と。

S__53461008.jpg
↑(去年3月ごろのクロスボーン魔王)


思い立ったら即行動してしまうのが僕の悪い癖。
部員の方々にキットのパーツを頂き、いつの間にかフルクロスだけでなく、ツインサテライトキャノンまで背負ってました。

S__53461007.jpg
↑(トリプルサテライトキャノンとか言うロマン武器)↓
S__53461006.jpg


その後、「このままだとリフレクター足りないよね」という話になりHGガンダムX魔王を購入。

>>>まさかのサテライトキャノン4つ<<<

もっとリフレクターを増設したかったのですが、流石にちゃんと取り付けられる場所が残っていないので、ここでようやく暴走は止まりました。(感情を処理できない人類は云々かんぬん)

S__53461003.jpg
↑(こんなの絶対におかしいよ!!)


暴走を止めた自分に待っていたのはマスキングの山でした。
せめて武器類は塗装を剥がさなければよかったものを、頑張って全パーツ剥がしたのが仇となってしまいました。

クロスボーン魔王のマスキングはそこまで大変ではないのですが(サンバスターを除く)、
問題は追加パーツであるフルクロスのパーツ。

フルクロス自体を始め、ムラマサブラスター、ピーコックスマッシャー、ザンバスターと、塗り分け困難な武器類のてんこ盛り!
フルクロス裏面はMGと違いまさかの全面肉抜き。中々にやりがいがありました。


そんな難点を乗り越え、現状の魔王はこんな感じです。

S__53460996.jpg
S__53460998.jpg
S__53460999.jpg
S__53461002.jpg
S__53460997.jpg

ちなみに、フルクロスの接続を磁石に変更したので、クロスボーン魔王の肩にそのまま装着することが出来ます。
(ドクロとの接続は直接続なので、ドクロはフルクロス付けたままになります。)

今回は元からX2カラーにする気で、そこは変更しませんでした。ただし、初期段階とは色を変え、最近の成型色(個人の感想です)風にしました。

紫の調色は中々思いどおりにできなかったんですが、部室の塗料棚に理想としてた紫が…!!!
結局バーチャロンカラー[マイザーパープル]をそのまま使いました。僕バーチャロンカラー大好き!←



こんなに文章量が多くて完成記事みたいですが、まだ武器と拡張リフレクターの塗装や墨いれ等が終わっていないため、全部揃えてからまたちゃんとした完成記事を書きたいと思います。

それでは今回はこのへんで。

トゥー!!!ヘァアアアアアアアアアアアアア!!!!!

Posted by TDU模型部 on 06.2017 犬.   0 comments   0 trackback
どうも犬.です。
またアスラン貼ってますが、今回は2月末に完成したRGジャスティスの記事になります。(トゥ!ヘアー!!したのはインフィニットジャスティスですし、画像使い回しなのは許して…)
drhohvw4gcA.jpg


だいぶ前から持ってたのに塗装するのが面倒でパチ組みしかしていなかったRGジャスティスでしたが、RGフリーダムと並べたいがために重い腰を上げて作りました。

今回は何を思ったのか色ごとにサフを分けるという謎作業を行いました。(今考えると何がしたかったのか…)
S__52690952.jpg

キットそのままでの塗装です。RGをいじるのは怖くて…いずれは手を出したいんですけどねー。
RGジャスティスは水転写デカールがなく、今回もフリーダムと同じように他社デカールを中心に使いました。
S__52690946.jpg
(撮影失敗しちゃいました。お許しを)

今回の塗料は
フレーム:(G)黒サフ+(G)メカサフヘヴィ
ツインアイ:(G)黒サフ→(C)スーパーシルバー→(G)クリアブルー
白:(G)白サフ→(G)ニュートラルグレーI+(C)色ノ源マゼンタ
濃赤:(G)白サフ+(C)色ノ源マゼンタ→(C)モンザレッド+(C)パープル+(G)ニュートラルグレーII
薄赤:(G)白サフ+(C)色ノ源マゼンタ→(C)モンザレッド+(C)パープル+(G)ニュートラルグレーI
黄:(G)白サフ+(C)色ノ源イエロー→(C)キアライエロー+(C)色ノ源イエロー
銀:(G)黒サフ→(C)ガンクローム

フリーダムに合わせて、全体的に彩度を落とした感じにしましたがなんか違う気が...まぁいっか。


以下、ポーズ少し。
S__52690948.jpg
S__52690947.jpg


フリーダムとジャスティスがようやく揃いました。
ココまで来たらずっといじくり回してるHGプロヴィデンス(下画像)も並べたいですねぇ...。
S__52690953.jpg

改修素材として、早いとこAGE-1を買ってこなくては!
では今回はここまでということで。





ジャスティス君MG化おめでとう‼︎‼︎

MGブリッツ、完成。

Posted by TDU模型部 on 18.2017 犬.   0 comments   0 trackback
お久しぶりです。しばらく更新をサボっていた犬.です。
最近は部室でパソコン開いて艦これしてるだけなので「そろそろ何か作んなきゃな」と、ほんのすこーしだけ思ってます。

このあいだ、ようやくブリッツの写真を撮影しましたので、今回は完成記事となります。ニコルー!!
drhohvw4gcA.jpg


*画像クリックで原寸表示します。
S__51847179.jpgS__51847180.jpg

S__51847181.jpg


前回のフリーダムに続いて、特に手を加えずにキットのままでの製作でした。
割と長い期間の製作だったのに関節の緩みとかおきなくてびっくりしました。ほんと最近のプラモすごい。

調色等は前記事に書いたので省略しますが...これ、本体の黒は2色使ってるんです。
更に言うとトリケロス(盾)の黒部分は手抜きして黒サフで済ませたので合計では3色…。
あれ?不思議だなー、全部一緒に見え…る…?

今回のツインアイは、下地のシルバーを変えてみましたがあまり変化は得られませんでした。
S__518471772.jpg
これぐらいが理想なんですけどねー(この画像のみ編集してあります)


途中の失敗が普段より多く、凄く心配していましたがきちんと完成してくれて良かったです。カッコいいですしネ!!
今年の鳩山祭にはMG前期GATシリーズが揃う予定ですが...さて、どうなるでしょうか?

それでは今回はこのへんで。
(実は開幕にアスランの画像貼った時点で、既に満足気味でした。)

ジャハナムってなんだったっけ。

Posted by TDU模型部 on 14.2016 犬.   0 comments   0 trackback
どうも犬.です。
ブリッツは一旦お休み中ですので今回はHGジャハナムのお話をば


ある日、近場のおもちゃ屋でHGデンドロが1500円、HGキットが300円程で安売りしているとの情報を聞きつけムラサと特攻してみたところ、ジャハナムと宇宙用パックのみが売れ残っており、デンドロは消え去っていました。
その当時の俺は何を思ったのやら、売れ残っていたジャハナムを6機(クリム機x1,一般機x5)も買ってしまい、家の中に消して消えることのないジャハナムタワーを築いてしまいました。

その後、何故そんなに買ったのかと散々煽られたりしながら着々とパチ組みしていき、2箱までに削りました。
それがあの前記事の写真です。
CzKbc-mUcAAinUs.jpg
(クリム機はちゃんと作る気なのでこの中には不在です。)

そんな中、製作中だったガンダムアスタロトのパーツ補充のためにアスタロトをもう一つ買ったところ、ガンダムフレームと一部パーツが見事に余りまして、アスタロトもジャハナムもデザイナーが形部さんなことから、
「ジャハナム+アスタロトのパーツでガンダムフレームのジャハナムカスタムでも作ろう」と相成りました。
(どうでもいいですが字面的にジャハナムカスタムってジェノアスカスタムと間違えそうになる...え?そんなことはない?)

お気づきでしょうか、当時の自分の迂闊さを。
「『ジャハナム+アスタロトのパーツで』ガンダムフレームのジャハナムカスタムでも作ろう」
誰に言われたわけでもないのに勝手に条件作っちゃったわけです(;・∀・)
最近、バックパックのベースにX魔王のパーツを使おうとしたところでようやく気付きました。


さぁ、長くなりましたが現在の形状はこんな感じです。
S__46563340.jpg
形状を大きく変えたのは今は武器だけですかね。
どんどんバーニアが付いていく中で、ジャハナム本来のライフルではでかすぎる気がしたので少しスリムにしました。(スコープは現在改修中。)
アックスに関しては、鉄血系MSがビーム系兵装を使わないことから1mmプラバンで適当な形を切り出し、即席の実体斧に。

あとは細々としたところでしょうか。
・胸部
 ガンダムフレームに装着できるように、厚さ0.6mm(?)の接続板を自作しE2裏に接着。
 丸みがかった面をなるべくまっ平らに。
 ジャハナムの胸部装甲は下に向かうほど幅が増す末広がりな形になっているので、E2側面を削り込み下に行くほど細くなるように変更。
 ガンダムフレームの腰側との接続ピン基部を1mm程延長。

・腕部
 左腕を右腕装甲に置き換え、既存ハードポイントをなくしました。
 内部ピンを切り欠き、はさみ込む形でガンダムフレームと接続。
 手首の接続はガンダムフレーム側のものを使用。
 肩は内部を切り欠き、プラバンで接続用ダボを自作。着脱可になっています。
 肩の補助装甲は肩の裏にA5接着。
 A19のバーを両側に数ミリ残して切断し、A5側面を数ミリ削ることで後ハメ加工済み

・腰
 アスタロトをベースにフロントアーマーを面出ししたジャハナムのものに変更
 サイドアーマー、リアアーマーはアスタロトのまま。
 リアアーマーにジャハナムのバックパックを接続。

・脚部
 フレーム単体でも足接続用のポリキャップを固定できるよう、パーツを自作。
 ジャハナムの脚部装甲背部(バーニア接続部)を切り取り、フレームの一部が露出する形に変更。
 ガンダムフレームの膝部分を切り取り、ジャハナムの足を挟み込む形で接続

・バックパック
 アスタロトのバックパックをベースに、ボールデンアームアームズのBJなどを使い、左右にシールドを接続。(アムアムは許して(白目))

・武装
 ジャハナムのライフルを元に、バレル短縮などの形状変更。
 ビームアックスのグリップ部を0.5のプラバンで幅増しし、装備時に手の中で回転しないように。


今のところはこんな改悪しかしてません。
まだ足も顔もいじっていないし、各部(主に腕と脚部)の装着方法と合せ目処理についても全然進んでいませんので完成はいつになるやら…



話は変わりますが、前回の記事で書かれていたキュベレイコンペ。
いつの間にか自分も頭数に入れられていたらしく、珍しくパーツ配置等をネットで説明書を見ながらそこそこ考えながらキットを購入しましたが、いざ組んでみると…

S__46833671.jpg
\なんじゃこりゃ/
思っていた以上に腹部が短く、各パーツが丸みを帯びているため完全に虫みたいになってしまいました。
作ろうとしていたものはZOIDSっぽいものだったので、完全に失敗です...
早くも計画が崩れたので、最近は頭が痛くて仕方ありません。

今回はこのへんで。
ブリッツは次書くときまでになんとか…なんとか...できるかなぁ?←

アスラン逃げてぇ!!

Posted by TDU模型部 on 07.2016 犬.   0 comments   0 trackback
どうも犬.です。
今回は前に紹介したブリッツが(ほぼ)完成したのでご紹介します。

あれからやったことは
メタリックレッドを使って赤部分を塗る、黒部分の調色し直し等々。
その結果がこんな感じです。
(画像クリックで大きいサイズで見れます。)


ブリッツ1


ブリッツ1



ブリッツ1

ブリッツ2


黒1:(ガイア)エヴォブラック→(ガイア)エヴォブラック+(ガイア)メカサフlight(少なめ)+(ガイア)蛍光ブルー
黒2:(ガイア)エヴォブラック→(ガイア)エヴォブラック+(ガイア)メカサフlight(多め)+(ガイア)蛍光ブルー
赤:(ガイア)エヴォブラック→(クレオス)シルバー→(クレオス)GXメタルレッド→(ガイア)クリアレッド
青(目):(ガイア)エヴォブラック→(クレオス)シルバー→(ガイア)クリアグリーン+(クレオス)クリアブルー
金:(ガイア)エヴォブラック→(クレオス)シルバー→(クレオス)GXブルーゴールド

撮影中にだいぶホコリが(;・∀・)
自分にとってのブリッツのイメージは、小さい頃に見たコンパウンドでテッカテカに黒光りしている1/100ブリッツで、当初はそこを目指そうとしていました。
まぁ、今思えば黒光りにするなら、塗料選択の時点でのGXメタルブラック選択は間違っていた気もしますが。
小さい頃見たものって意外と忘れないものなんですね。ブリッツ選んだ理由も、今の自分の技術で昔見たブリッツに挑戦したかったってのが大きかったとこもあります。

前の記事でも書いていたように、つや消し黒の格好良さに惹かれて違う方向で対決することにしたんですが…
結局半分完成してみて、今までの作品の中では凄く良いものに仕上がりましたが、やはり件のブリッツには敵いませんでした。
後述の件も含め、更に精進しなければ…!!


実は写真に写っていない後部スラスターと各武装。クリアー塗装中に落としたり、別な塗料をこぼしてしまったがために、塗り直し待ち状態になってます(;・∀・)
後部バーニアはともかく、武装に関してはあと少しというところでこぼしたので、精神的にキツかったです。
目のクリアパーツも塗装に失敗し、少し溶かしてしまいました。
あと、先輩たちにヒケ・ゲート跡の未処理部分を発見されてしまったのも含め、まだまだ自分は未熟だと思い知りました(苦笑

スミ入れ、デカール貼り含めた最終作業を終わらせたあと、完全体ブリッツくんの写真を取ってブリッツくんの完成記事を書きたいと思います。
では、長々と失礼しました。今回はココらへんで。

きっと、それは一番早い。

Posted by TDU模型部 on 30.2016 犬.   0 comments   0 trackback
提督の皆さんはもうサラトガは手に入れられましたか?
E5丙ギミック解除のためにボーキを全て溶かした犬.です。(必死に遠征とバシーでボーキかき集めてますが絶望的です。)

先週の記事のブリッツはまだ塗装が終わっていないので、夏前の作品の紹介をば。
今回ご紹介する作品は「PLAMAX KC-01 駆逐艦×艦娘 島風」です。

去年のクリスマスに行われた部内キット交換会で貰ったキットです。
このイベントは2000円以上のキット(新品)を交換するという行事なのですが、この島風はなんと定価8,424円。
自分は2400円の1/700フルハル愛宕で参加していたので驚愕。(今年はもっといいものを模索中)
絶対丁寧に作ろうと決心しました。

2月ごろに塗装を始め、3月末に無事完成しました。
S__45801475.jpgS__45801477.jpg


去年の艦船ジオラマで作った天龍同様黒立ち上げ塗装にし、少し渋い感じでできあがりました。
島風は新入生展示会から展示を開始して、次のd-expoが最後の展示会です。

艦娘の方?まだ切り出しただけですね←
出来たとしても単体で展示することになるのが悲しいですが、いずれ作ろうと思います。
フィギュア塗れるほど塗装技術が高くないので、いつになるかわからないのが悩みの種ですが。

では今回はココまでで失礼します。



-追記-
鳩山祭でコイツに票が入った時、涙が出るほど嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

アスラン逃げてぇ!

Posted by TDU模型部 on 24.2016 犬.   0 comments   0 trackback
どうも犬.です。
タイトルからわかる(?)ように今回はMGブリッツガンダムを製作しています。

部員数人と協力し、次の展示会にMG前記GAT-Xシリーズを揃えることになりまして、それに向けての製作です。

実は買ったの自体は9月の台風騒ぎのときで、2ヶ月も経ってから塗装を始めるという……素組み自体は9月中に終わっていたはずなんですが。ウソジャナイヨ、ホントダヨ?

他の人と合わせて飾るということで、普段のようなわけのわからない改造は無しで作っていきます。

S__45678617.jpg

うーん実にトロンベ。
外装(黒):(ガイア)サフエヴォブラック
外装(紫):(ガイア)サフエヴォブラック→(クレオス)シルバー→(クレオス)GXメタルパープル
フレーム:(ガイア)サフエヴォブラック→(クレオス)クローム

本当はフレーム同様、外装もメタルカラーにしようと張り切ってGXメタルブラックを2瓶も買ってきたんですが、下地として黒サフ吹いてみると、フレームとの差別化が出来ていて想像以上に格好良く、「あれ?これでいいのでは...。」となり黒の外装のみつや消しにする方針にしました。

このまま進むかと思いきや使うつもりだったGXメタルレッドを買い忘れていたことに気づき断念。

さらに仮組立中、ハンドピースの不調によりスラスター部のメタルパーポォの塗膜が荒れているのを発見。
吹き直すついでに、黒装甲の一部も本当に黒に近いグレーに変えようかと思います。

後日改めて完成記事を書くことにします。では、この辺で失礼します。

RGフリーダム完成

Posted by TDU模型部 on 27.2016 犬.   0 comments   0 trackback
どうも、2連続更新の犬.です。
今回はRGフリーダムの完成したので、それについてですね。

そもそもなんで急にRGフリーダムを作り始めたのかというと...
HGクシャトリヤを完成させてから、HGインフィニットジャスティスとHGAGE-2ダブルバレットを使用した合体事故機体や、HGAGE-2ノーマル(特務隊仕様)にディテールを追加したり、HGクロスボーンガンダム魔王DXの作成したり、HGプロヴィデンスのプロポーション改良をしたり、HGケルディムGNHW/R&Mを作ったりetc...
そんなむちゃくちゃ面倒なことばかりしていたら「改造するのも良いけど、普通にキットのまま塗装して緩急つけるのも大事だぞ」みたいなことを言われたので、ブンドドすらしなくなり押し入れの奥に放置していたRGフリーダムを塗装してみようかなと思ったわけです。


RGシリーズはモールドの多さ、組立済みフレームなどなど、同じ1/144スケールのHGシリーズとは全く違いますよね。高いだけ有ります。
ただ、変態企業バンダイの謎のこだわりによって、脆さ・難易度等で好き嫌いの別れるキットとなっていますよね。
私は素組みして遊ぶ分には好きですが、塗装するとなるとちょっと...。

今回作ったRGフリーダムは特に凸モールドが多いキットで、HGキットを作る時のように大雑把に表面処理をしようとするとすぐにモールドが消えてのっぺりしてしまいます。(汗)

やすらないで墨入れとトップコートのみのお手軽フィニッシュという手もあったのですが、「どうせ作るなら展示会に出せるようにして出展数のかさ増しをしたいなー」なんて悪巧みを考えたので、いつも通り全塗装を行いました。

先述のように、普段と同じようにパーツ全てにヤスリがけは危険でしたのでゲート跡、パーティングラインの目立つところのみヤスリがけを行いました。

あまり時間をかけたくなかったこともあり、フレームはメカサフ(heavy)+黒サフで手抜き。
他のパーツはグレートーン3の量を調整しながら、それぞれの色で2,3色ほど作り,微妙な違いを付けながら塗っていきました。

仕上げに翼にホワイトパールをかけてから、全身を半光沢でコート。
S__43868168.jpg
S__43868165.jpgS__43868167.jpg
(ライフルが色々とパーツ足りていないのはご容赦を)

S__43868169.jpg
この部分だけで白を3色ほど吹いてますが、あまり気づいてもらえませんでした
あまり大きく色を変えると失敗しそうで、少し変わった程度で塗っていたのですが…まさかそれがアダになろうとは。

デカールはOOガンダムのものを使用。塗装で細かく色分けをした分、今回はデカールは少なめ。
リアリスティックデカールを貼ろうと思ってたんですが、貼ってみると全然モールドになじまないし、接着弱いし...
RGフリーダムはガンダムデカールも販売されていないので結構悩みましたが、やめにしました。
(RGストライクフリーダムのはあるのに...おのれバンダイ...)
流石に大きいデカールが一つもないのは寂しいので、HG用のSEED系汎用デカールを手に入れたら少し増やすかもしれません。

結果として今までの自分の作品の中ではなかなか出来の良いものになりましたが、少し移す角度を変えると塗り忘れ箇所があったりとまだまだです^^;
まだ自宅にRGジャスティスが残っていますが……他にも塗装段階で止まっているキットもありますし、11月の鳩山祭には2機揃うことは無理そうですねー…




S__43868171.jpgS__43868170.jpg
先日一人だけやたら安く売られていたカナメさんを購入して、初めてフィギュアライズバストシリーズを組み立てましたが…
すごい出来です。
噂には聞いていましたが、最初に瞳のパーツ見たときはシールが貼ってあるのかと素で勘違いしました。

次に発売を控えてるレイナが楽しみです。
では今回はこの辺りで失礼します。

なぜ……意味がわからない [クシャトリヤ完成!]

Posted by TDU模型部 on 12.2016 犬.   0 comments   0 trackback
Tag :クシャトリヤ 関東学生模型連合

第19回関東学生模型連合展示会、お疲れ様でしたー。

本当にすごい作品が沢山あって、もっとよく見ておけばよかったなぁなど、わりと後悔しています。
HGの方は大急ぎで気になるものを写真に収めて後々じっくり見ましたが、グリムゲルデのカスタム機(アルテラver)は形状的にもカラーリング的にもどストライクでした。(ガチャは悪い文明。いいね?)
ミリタリーの方ではMaxFactoryさんのフルハル島風を出してた方が自分以外にいらっしゃったらしく、写真とっとけばよかったなぁと…

そんな中、今までうちの団体で行われていた「クシャトリヤコンペ」全作品が今回の展示会で出揃いました。(詳細についてはトモロさんの前記事参照です。→)
あんなでかいキット何体も並べるとか馬鹿なんですよ。きっとね。(白目)
トモロさんの「ゾクトリア」が金賞、うちの「ラージャニヤ」は銅賞を頂きました。投票ありがとうございました。( ^ ^ )


前置きが少し長くなってしまいましたが、ここからうちのクシャトリヤ「ラージャニヤ」の完成記事になります。

  

プロフィール

TDU模型部

Author:TDU模型部

テンプレート更新中ですので、しばらくお待ち下さい。


TDU模型部のブログへようこそ。
このブログは東京電機大学理工学部にある模型部員の活動記録?です。
WF等イベントに積極的に参加しているので、見かけたら気兼ねなくお声掛けください。

更新履歴



総記事数:

検索フォーム

QRコード

QR